がん 漢方薬

がん治療の効果

がん治療の効果は「がんの増殖力の強さ」と
患者本人の「抗がん力」のバランスで決まると
いわれているそうです。

 

がんの増殖力の強さが抗がん力を上回れば、
がんはどんどん増えていき、悪化します。
しかしその逆でがんの増殖力の強さが抗がん力を
下回れば、延命やがんの克服に繋がるというわけです。

 

抗がん力を高めるには、がんに対する免疫力や、
自然治癒力などを高めることが有効だと言われています。

 

最近、勧められているのが西洋医学と東洋医学の
併用です。西洋医学というのが、一般的に言う
がんの手術や薬物療法や、放射線治療などの治療。
そして東洋医学は漢方薬などを使った、抗がん力を
高める効果のあるものです。

 

病院や医者によっては東洋医学の併用を進めるところ
もありますが、進めてこないところもあります。
しかし、もしがんに罹ったという本人や、
周りの人がこのことを知っているなら、漢方薬を
治療と併用することもあることを勧めてもいいと思います。

 

というのも、漢方薬はがん治療の副作用を和らげたり、
普段の滋養強壮や、治療後の体力回復に役立つからです。

 

一般的に言われる健康食品も自然治癒力を高める…
という効果がうたわれているものがありますが、
漢方薬は、ひとりひとりに合わせた処方をすることが
できるのでこの点では健康食品より高い効果があるといえます。

 

がん治療で併用される有名な漢方薬は、天仙液など。

 

もちろん、漢方薬局できちんと相談して
処方してもらうのが一番です。