がん 漢方薬

がん治療と漢方薬の関係

がんは抗がん剤や外科手術、放射線治療などの
治療によって治ると思われています。

 

しかし、がんに再発はつきもの。
どうしても残ったがん細胞がふたたび増殖し、
再発…というのは起こりうることです。

 

漢方薬がどう関わってくるのか?というと、
漢方薬は免疫力を高め、治療の副作用を和らげたり、
体力回復や維持、がんの転移や再発の予防という
さまざまな効果を発揮するんです。

 

もちろん、市販されているような漢方薬ではなく、
漢方薬局でひとりひとりの症状、がんの状態を
よくよく相談した上で、漢方薬を処方してもらいます。

 

がんの種類やステージ、そのときの症状、
また一見、関係無いような普段の状態も聞かれることも。

 

胃がんにはこの生薬、肺がんにはこれ、などと
いわれていることはありますが、そのときに応じて
処方するみたいですね。

 

まさしくオーダーメイドの漢方薬は、
ひとりひとりにピッタリ合うので心配なし。

 

体の免疫力や自然治癒力を高めることで
がんの治療を助けることが出来るんですね。

 

副作用に耐えている闘病生活はつらいもの。
そしてどうしても、副作用によって体力や気力が
削られ、がんに対する抵抗力が低くなってしまう…

 

なので副作用を和らげるだけでずいぶん楽になった
という方も多いんです。
一度相談してみるのもいいかもしれないですね。